アタマジラミ 孵化

アタマジラミの卵はどのくらい孵化する?

 

アタマジラミは成長の駆除よりも、卵の駆除が難しいと言われています。

 

アタマジラミの卵は、通常1週間~10日程度で孵化すると言われています。

 

アタマジラミの卵を駆除するのであれば、スミスリンシャンプーではダメなので、熱湯消毒や乾燥機が役立ちます。

 

アタマジラミの卵の場合、お湯だったら60℃℃以上のお湯に5分以上浸けることが重要になってきます。

 

お風呂でシャンプーをする時に使うお湯の温度では低すぎて、アタマジラミの卵まで駆除することが難しいのです。

 

そのため、頭に産みつけられてしまったアタマジラミの卵については、孵化してからスミスリンシャンプーで駆除するのが一般的です。

 

成虫は、目の細かい櫛などでブラッシングをして、床にアタマジラミが落ちたら、綺麗に掃除機で掃除をしておくことが重要です。

 

アタマジラミは落下しても、数日間だったら、普通に生きています。

 

2、3日で吸血できずに死んでしまいますので、アタマジラミが生きているうちは、出来るだけ床に寝そべったりしないようにした方が、感染予防になります。

 

小さな子供はすぐに床に寝そべったりしますので、大人よりも注意が必要になります。

 

髪をブラッシングした後は、掃除機をかける習慣をつけた方が良いですね。

 

アタマジラミ020